2009年12月9日水曜日

アプリケーション管理者の扱い


ワークスペースからアイコンを削除するつもりでnsfファイルを削除してしまう...

単純な操作ミスですが、そんなトラブルを経験したことはないですか?

削除されたnsfファイルをバックアップテープからリストアするのは時間もかかるし面倒なんですよね。

過去に沢山そんな経験をしました。

アプリケーションへのアクセス権を変更するにはACLを変更できなければいけない、とするとACL上は「管理者」として登録しておかなければいけません。

でも管理者はnsfファイルもろとも削除することができてしまう。

そこでACLを触らずにアクセス権を変更できるようにするため、ドミノディレクトリのグループ文書を利用することにしました。

アプリケーション管理者へは権限の種類ごとに用意したグループ文書を編集できる権限を付与します。

そしてACLではアプリケーションの管理者へ付与する権限は「設計者」以下としました。

こうすることで、現在はリストア作業がほとんどなくなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿