2010年1月21日木曜日

暗号化の操作はこのバージョンの Lotus Notes ではサポートされていません。

アプリケーションリンクをクリックすると、標記のメッセージが表示され、開かないユーザーがいらっしゃいました。

アプリケーションリンクのサーバーヒントには確かに当方のサーバーが設定されていましたが、この方は当該データベースのレプリカを Local に持っていて、そのアイコンがワークスペース上にありました。

ユーザーに聞いたところ、Localのレプリカは出張先にて作成したもので、レプリカを作成した時に利用していたNotes IDは出張先のドメインで発行されたものだったとのこと。
作成時には(デフォルトで)暗号化のオプションが有効だったのを、おそらく意識しなかったのでしょう。

そこで、「データベースを開く」の画面を表示させ、当方のサーバー上の当該データベースを指定したところ、無事に開きました。

表記のメッセージじゃ見当もつかないですよね?今回に限らずですが、もっとわかりやすい文言にならないものでしょうか?>IBMさん


実はアプリケーションリンクをクリックしてもアプリケーションが開かないといった問い合わせは非常に多いのです。

多くは海外(の出張先)から帰国して間もないユーザーで、ロケーションに絡むものです。

今回のように自分がアクセスしようとしても開かないが他のメンバーはアクセスできる、他のアプリケーションは開く、といったユーザー固有の問い合わせがあると、なんだかワクワクしてしまう自分がいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿