2018年12月22日土曜日

テクてくLotus技術者夜会に参加しました

ここ数年の「テクてくLotus技術者夜会」12月度のテーマは

年忘れ!テクてく Lotus 技術者夜会ライトニングトーク

となっていまして、いつも登壇されている IBM Champion の方々のほか、私のように普段は参加するだけの人も何かしゃべってね!と数カ月前から軽く釘をさされます。

今回も事前に準備していた資料を夜会オーナーに渡していたのですが、発表当日になって「今年前半に取り組んだ事のほうがうけるかなあ」と思い直して急いで資料をこしらえて差し替えてもらったのがこちらになります。





上の資料を少し補足します。

ACLに登録されているユーザーやグループといったエントリに加え、グループの場合はドミノディレクトリのグループ文書からメンバー欄の値を取得し、「グループとメンバー」「グループとグループ」といった構造を整理してhtmlを出力する、といったプログラムを LotusScript で作りました。

「ユーザー」や「グループ」をノード、各ノードの関係を矢印で表現します。

Cytescape.js では表示するグラフの種類を選ぶことができます。私が試したDBの中でもノードが多すぎるものは描画時間が長くなるせいか、ブラウザがタイムアウトするような挙動となることもありましたが、別のグラフで表示してみると表示できる場合もありました。





そして私の発表が終わって、いつもの終了時刻まで他の登壇者のトークをお気楽に聞いていたところ「2次会が21時開始でまだ時間がある」ということで、差し替えたはずのスライドもお話することになりました。




こちらは、たまたま読んだ FP8 の What's New で見つけたものが、私の欲しかった機能じゃないか?とピンときて検証してみた、というお話です。

What's New の説明文は、私にはとてもイメージしづらかったので、フォーム/ビュー(設計)とコードとテスト結果を記載してます。

実は createViewNavFromKey 、バージョン 10.0.1 のオンラインヘルプ にも記載がありません(汗)。追加してくださいねー >IBM & HCL


以上の2つのお話が夜会オーナーに評価されたようで賞品をいただきました!


(昨年に続き)今年もありがとうございます!




そして今年最後の夜会の後は忘年会でした。

なんと前日の忘年会と場所が同じw

料理は美味しいし楽しかったー

という事でまたまた午前様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿