2019年10月11日金曜日

iPhone? iPad? @Platform の拡張について

先日 TestFlight で公開されました HCL Nomad 1.0.5 では iPhone でも使用できるということで、早速ダウンロード。

このバージョンは @Platform 関数が拡張され、iPhone と iPad を区別することができる、と説明されています。

これを試してみました。

まずは、ビューのアクションボタンに次の式を設定しました。

@Prompt([Ok];"Formula";@Platform([Specific]))

これを実行してみると、iPad と iPhone のどちらも "iOS" とだけ表示されます。

「これはバグではないか?」と思い、フィードバックしたところ、すぐさまメールで返事がありました。

回答によれば、@Platform([Specific]) の戻り値は次のようなテキストリストだというのです。

PrimaryOSNamefor example, iOS
PrimaryOSVersionNamefor example, 12.4
iOS Model Typeeither iPad or iPhone
Apple Hardware Identifierfor example, iPad8.4

さらに次の式を iPhone で実行すれば "Platform is iPhone" と表示されると。

@If(@Platform([Specific])="iPhone";@Prompt([Ok]; "Formula"; "Platform is iPhone");@Prompt([Ok]; "Formula"; "Platform is NOT iPhone")) 


よくヘルプを読んでみるとバグでもなんでもなく「文字列リストが返されます」と書いてありました... orz


気をとりなおして、先のボタンの式を次のように書き換えてみました。

@Prompt([Ok];"Formula";@Implode(@Platform([Specific]);@NewLine))

そして表示されたプロンプトがこちらです。
iPhone
iPad
Windows 10
最後の Windows 10 はおまけですが、テキストリストの3番目にある iOS Model Type で iPhone か iPad を識別できることがわかりました。

おかげで私の所有する端末が古い機種ということがバレバレです(笑)

V11 では GPS にも対応するとのことですし、まだまだ Nomad 対応アプリの開発を楽しめそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿